MENU

野入 英世

博士(医学)Eisei NOIRI, M.D., Ph.D., F.A.S.N.
生年月日: 昭和33年8月26日
出身地:東京都

ゲノムワイドの解析による腎機能にかかわる疾患感受性遺伝子の探索

東京大学医学部附属病院で腎臓病学の研究の一つのアームとして患者ゲノム情報の解析により発症や疾患増悪にかかわるメカニズムを明らかにしてきました。その過程で、徳永勝士教授に貴重なアドバイスを頂いてきました。典型的なphysician scientistで内科医です。このほかにも急性腎障害の発症メカニズムとバイオマーカー、急性血液浄化の臨床・教育プログラムなどに国内外で関わっています。

経歴

  • 浜松医科大学 卒業

    昭和62年
  • 浜松医科大学附属病院医員研修医(第一内科故本田西男先生に師事)

    昭和62年
  • 国立伊東温泉病院内科,東京逓信病院循環器科,
    公立昭和病院腎臓内科勤務

    昭和62年
    -平成2年
  • 東京大学医学部第一内科助手(黒川 清先生に師事)

    平成4年
  • State University of New York (SUNY),
    Stony Brook 及びブルックヘブン国立研究所(bnl)(Prof. Michael Goligorskyに師事)

    平成5年
  • 博士号(医学)取得(於,東京大学)

    平成9年
  • 東京大学医学部第一内科 (現,腎臓・内分泌内科) 助手

    平成10年
  • 東京大学医学部附属病院 血液浄化療法部 講師,副部長

    平成16年
  • 東京大学医学部附属病院 血液浄化療法部 准教授,副部長

    平成19年
  • 東京大学医学部附属病院 腎臓・内分泌内科特任研究員

    平成28年
  • 国立国際医療研究センター 中央バイオバンク事務局長

    平成31年

所属学会

日本内科学会、日本腎臓学会、日本人類遺伝学会、日本急性血液浄化学会、日本透析医学会、日本リウマチ学会、日本アフェレシス学会、米国腎臓学会、国際腎臓学会、米国糖尿病学会、米国生理学会 等

専門医等:内科認定医・指導医,腎臓内科専門医・日本腎臓学会学術評議員,日本急性血液浄化学会専門医・評議員・理事(副理事長),日本透析医学会透析指導医・専門医,日本アフェレシス学会専門医・評議員 等

発表論文

Noiri E, Satoh H, Taguchi J, Brodsky SV, Nakao A, Ogawa Y, Nishijima S, Yokomizo T, Tokunaga K, Fujita T: Association of eNOS Glu298Asp polymorphism with end-stage renal disease. Hypertension 40: 535-540, 2002
Okamoto K, Iwasaki N, Nishimura C, Doi K, Noiri E, Nakamura S, Takizawa M, Ogata M, Fujimaki R, Grarup N, Pisinger C, Borch-Johnsen K, Lauritzen T, Sandbaek A, Hansen T, Yasuda K, Osawa H, Nanjo K, Kadowaki T, Kasuga M, Pedersen O, Fujita T, Kamatani N, Iwamoto Y, Tokunaga K. Identification of KCNJ15 as a susceptibility gene in Asian patients with type 2 diabetes mellitus. Am J Hum Genet 86: 54-64, 2010
3. Okamoto K, Tokunaga K, Doi K, Fujita T, Suzuki H, Katoh T, Watanabe T, Nishida N, Mabuchi A, Takahashi A, Kubo M, Maeda S, Nakamura Y, Noiri E. Common variation in GPC5 is associated with acquired nephrotic syndrome. Nat Genet 43: 459-463, 2011
Thiri M, Honda K, Kashiwase K, Mabuchi A, Suzuki H, Watanabe K, Nakayama M, Watanabe T, Doi K, Tokunaga K, Noiri E. High-density association mapping and interaction analysis of PLA2R1 and HLA regions with idiopathic membranous nephropathy in Japanese. Sci Rep 6: 38189. PMID: 27934873
5. Latt KZ, Honda K, Thiri M, Hitomi Y, Omae Y, Sawai H, Kawai Y, Terauchi S, Ueno K, Ngasaki M, Mabuchi A, Kaga H, Komatsuda A, Tokunaga K, Noiri E. Identification of a two-SNP PLA2R1 haplotype and HLA-DRB1 alleles as primary risk associations in idiopathic membranous nephropathy. Sci Rep 8: 15576. PMID: 30349113

参考ページ