MENU

矢原 寛子

博士(歯学)Hiroko YAHARA, DDS, PhD

生年月日: 昭和58年11月11日

出身地:広島県

顎骨骨髄炎における疾患感受性のバイオマーカーの探索と病態の解明

口腔外科の診療経験から、骨髄炎の遺伝的要因、免疫機構と微生物叢に興味を持ち、研究を進めています。臨床と基礎の橋渡しとなる研究を進め、これからの医療に貢献したいと思っています。

学歴

  • 広島大学歯学部歯学科 卒業

    平成20年
  • 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 博士課程 修了

    平成24年

職歴

  • 国立国際医療研究センター 研修医

    平成20-21年
  • 広島大学病院口腔顎顔面再建外科 診療医

    平成21-24年
  • オックスフォード大学 博士研究員

    平成24-27年
  • 久留米大学歯科口腔医療センター 助教・副病棟医長

    平成27-28年
  • 東京医科歯科大学 特別研究員(学振)

    平成28-30年
  • 国立国際医療研究センター 特別研究員(学振)

    平成30年4月-

所属学会

日本口腔外科学会、日本口腔診断学会、日本口腔科学会、歯科基礎医学会

発表論文 現在の研究テーマに関連する主な原著、英文査読有のみ (§equal contribution)

Investigation of recombination-intense viral groups and their genes in the Earth's virome.
Meier-Kolthoff JP, Uchiyama J, Yahara H, Paez-Espino D, Yahara K.
Sci Rep 8(1): 11496. 2018
Activation-Induced Killer Cell Immunoglobulin-like Receptor 3DL2 Binding to HLA-B27 Licenses Pathogenic T Cell Differentiation in Spondyloarthritis.
Ridley A§, Yahara H§, Wong-Baeza I, Shaw J, Matthews K, Al-Mossawi H, Ladell K, Price D, Bowness P, Kollnberger S.
The Leukocyte Immunoglobulin-like Receptor family member LILRB5 binding to HLA-class I heavy chains regulates the expression of cell surface HLA-class I.
Zhang Z§, Yahara H§, Shaw J, Jiang G, Li D, Kollnberger S.
PLoS One 10(6): e0129063. 2015
The D0 Ig-like Domain Plays a Central Role in the Stronger Binding of KIR3DL2 to B27 Free H Chain Dimers.
Yahara H, Shaw J, Marquardt K, Zhang Z, Gauthier L, Chanteux S, Rossi B, Li D, Mitchell J, Kollnberger S.
J Immunol 194(4): 1591-1601. 2015
The arthritis-associated HLA-B*27:05 allele forms more cell surface B27 dimer and free heavy chain ligands for KIR3DL2 than HLA-B*27:09.
Cauli A, Shaw J, Giles J, Yahara H, Rysnik O, Payeli S, McHugh K, Dessole G, Porru G, Desogus E, Fiedler S, Holper S, Carette A, Blanco-Gelaz MA, Vacca A, Piga M, Ibba V, Garau P, La Nasa G, Lopez-Larrea C, Mathieu A, Renner C, Bowness P, Kollnberger S.
Rheumatology (Oxford) 52(11): 1952-1962. 2013
KIR3DL2 Binds to HLA-B27 Dimers and Free H Chains More Strongly than Other HLA Class I and Promotes the Expansion of T Cells in Ankylosing Spondylitis.
Wong-Baeza I, Ridley A, Shaw J, Yahara H, Rysnik O, McHugh K, Piper C, Brackenbridge S, Fernandes R, Chan A, Bowness P, Kollnberger S.
J Immunol 190(7): 3216-3224. 2013
7. A Case of SAPHO Syndrome With Diffuse Sclerosing Osteomyelitis of the Mandible Treated Successfully With Prednisolone and Bisphosphonate.
Yahara H, Shigeishi H, Higashikawa K, Shimasue H, Nishi H, Oiwa H, Shindo H, Takechi M, Ohge H, Kamata N.
J Oral Maxillofac Surg 70(3): 626-631. 2012

競争的資金獲得状況

令和1年度-令和4年度 日本学術振興会 特別研究員奨励費(RPD) 「顎骨骨髄炎の新たな疾患概念の確立とバイオマーカーに関する研究」
平成28年度-令和1年度 日本学術振興会 特別研究員奨励費(SPD) 「骨髄炎感受性の新規遺伝的・免疫学的要因としてのHLA/KIR相互作用の解析」
平成27年度 日本学術振興会 研究活動スタート支援 「骨髄炎感受性の新規遺伝的リスク要因としてのHLA/KIR多様性の解析」
平成27年度 久留米大学 学術研究振興基金
平成26年度 日本学術振興会 海外特別研究員(RRA) 「HLAクラスIとKIR3DL2の相互作用が炎症性骨破壊に及ぼす影響について」
平成25年度 リウマチ性疾患調査・研究助成 「The role of innate immune receptor interactions with HLA-B27 in inflammatory arthritis」
平成22年度-平成24年度 日本学術振興会 特別研究員奨励費(DC1, PD) 「口腔癌の浸潤能獲得に関わる因子の分子機構の解明と診断・治療への応用」