MENU

宮原 麗子

医師、医学博士

出身地:福岡県

ベトナム、タイ、ガンビアなどの低中所得国における下気道呼吸器感染症、結核、小児のワクチン関連感染症などを対象に、感染症発症に関連する社会生活因子や遺伝要因を明らかにする研究に関わっています。

学歴

  • 九州大学医学部 卒業

    平成19年
  • London School of Hygiene and Tropical Medicine, Master of Science (Epidemiology) 修了

    平成26年
  • 長崎大学医歯薬学総合研究科 新興感染症制御学系専攻 臨床感染症学分野 博士課程 修了

    平成29年

職歴

  • 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター初期研修修了

    平成19-21年
  • 長崎大学病院 熱研内科

    平成21-28年
  • Medical Research Council, The Gambia unit 客員研究員

    平成26-27年
  • 東京大学大学院医学系研究科 人類遺伝学教室 特任研究員
    JICA長期専門家としてタイ保健省に赴任。

    平成29-31年
  • 長崎大学 熱帯医学研究所 臨床感染症学分野 客員研究員

    平成29年-現在
  • 国立国際医療研究センター ゲノム医科学プロジェクト、NCBN 中央バイオバンク事務局 特任研究員

    平成31年-現在

所属学会

日本内科学会、日本感染症学会

発表論文

Reiko Miyahara, Surakameth Mahasirimongkol, Hideki Yanai et al. Predicting the risk of pulmonary tuberculosis based on the neutrophil-to-lymphocyte ratio at TB screening in HIV-infected individuals. (BMC infectious diseases, 2019)
Nat Smittipat, Reiko Miyahara, Hideki Yanai et al. Indo-Oceanic Mycobacterium tuberculosis strains from Thailand Associated with Higher Mortality (International Journal of Tuberculosis and Lung Diseases, 2019)
Reiko Miyahara, Surachai Piyaworawong, Surakameth Mahasirimongkol et al. High tuberculosis burden among HIV-infected populations in Thailand due to a low-sensitivity tuberculin skin test" (Journal of Infection and Public Health, 2019)
Reiko Miyahara, Motoi Suzuki, Masayuki Ishida et al. Nosocomial outbreak of upper respiratory tract infection with β-lactamase-negative ampicillin-resistant non-typeable Haemophilus influenzae (Infection Control & Hospital Epidemiology, 2018)
Reiko Miyahara, Kensuke Takahashi, Koya Ariyoshi and Michio Yasunami et al. Impact of environmental tobacco smoking on hospitalization of children under 2 years in Vietnam (Scientific Reports, 2017)
Reiko Miyahara, Momodou Jasseh, Anna Roca et al. The large contribution of twins to neonatal and post-neonatal mortality in The Gambia, a 5-year prospective study (BMC pediatrics 2016)
Reiko Miyahara, Momodou Jasseh, Anna Roca et al. Barriers to timely administration of birth dose vaccines in The Gambia, West Africa (Vaccine 2016)
Masahiko Mori, Nuanjun Wichukchinda, Reiko Miyahara et al. The effect of KIR2D-HLA-C receptor-ligand interactions on clinical outcome in a HIV-1 CRF01_AE-infected Thai population. (AIDS 2015)
Masahiko Mori, Nuanjun Wichukchinda, Reiko Miyahara et al. HLA-B*35:05 is a protective allele with a unique structure among HIV-1 CRF01_AE-infected Thai population (AIDS 2014)

競争的資金獲得状況

2017年-2020年 科研費 若手研究B 「ベトナム人小児のビタミンD不足がToll様受容体を介した自然免疫反応に与える影響」